トップページ > お知らせ > 平成29年1月1日以降の新規口座開設等について ∼居住地国等を記載した届出書のご提出のお願い∼

お知らせ

平成29年1月1日以降の新規口座開設等について ∼居住地国等を記載した届出書のご提出のお願い∼


 平成29年1月1日より、日本において非居住者に係る金融ロ座情報の自動的交換の ための報告制度(以下、「CRS制度」という。)が開始することに伴い、同制度に係 る法令上の義務が、お客さま及び国内の金融機関等に課されます。
 具体的には、お客さまが平成29年1月1日以後に行う当組合とのお取引において、新規にロ座開設等を行う場合(普通預金・定期預金・定期積金等の預金や公共債に係る契約)には、居住地国等を記載した届出書のご提出が義務付けられております。
 お客さまにおかれましては、税務上の居住地国等の届出等に関して、ご理解とご協力 をいただきますようお願い申しあげます。
詳細は、こちら又は 国税庁ホームページをご覧下さい。